オオサカ堂の移転騒動について

subpage01

オオサカ堂は1997年に操業しているので個人輸入代行を行っている通販サイトの中でもかなりの老舗のお店となっています。


そのために個人輸入で海外の医薬品を購入する人たちの中でも人気の高い通販サイトとなっているのですが、2015年に移転騒動がありました。


サイトの移転というのは決して珍しい話では無いのですが、オオサカ堂の移転騒動は突然メンテナンス画面になって買い物が出来なくなったのが原因で騒動になったのです。その後、メールで移転した事が知らされて単純にアドレスが変わったという事が知られるようになって落ち着いてきたのですが、その後もしばらくは検索サイトからの訪問だとオオサカ堂で買い物が出来ないという問題がありました。

検索サイトで検索上位の結果からオオサカ堂に行くと、商品の説明を見る事が出来るが買い物をする事が出来ないという状態がしばらく続いたのです。

オオサカ堂のフィンペシアについての情報を提供しています。

しかし、そうした問題も現在では解消されているので普通にオオサカ堂で購入する事が出来るようになっています。

NAVERまとめに関する情報をご覧ください。

他の個人輸入代行の通販サイトがつぶれたという話も合った事から閉鎖されたなどといった噂話なども当時はありましたが、そうした事実は無くサイトが移転した事を知らないと一時的に利用できなくなっただけです。


現在では普通に従来の様に買い物をする事が出来るようになっていて、検索サイトの問題も解消されているので気にせずに買い物をする事が出来るので、あまり気にする必要はないです。